アダルト出会い系アプリで美人なお姉さんが恋人に

私が当時運営していたアプリがあります。内容としては、自分が好きな漫画やゲームなどを紹介したり、それ関連のコーナーを設けたりしている、大したことないアプリだったのですが、私がチャットに常駐していた甲斐があって、チャットだけはかなり繁盛していました。

何度もオフをしましたが、なぜか女性が多かったのです。当時私は22歳でしたが、私より年上のお姉さまがたも、ちょくちょく遊びに来てくれていました。その中に、とても美人な人がいました。私より4歳くらい年上だったと思います。大人な女性という感じでしたが、私は美人は好きですが苦手です。どう話をしていいかわからないのと、自分など歯牙にもかけられないと思い込んでいたからです。

しかしその女性はとても気さくで、私にも笑顔で話しかけてくれたのです。私が心を奪われるのに、それほど時間はかかりませんでした。まさか後々恋人関係になるとは思ってもみませんでした。私の事をとても可愛がってくれていた彼女のほうから、私とつきあいたいと言ってきたのです。

こんな美人とつきあえるなんて思ってもみなかった私は、からかわれているのかと思いましたが、どうやらそうでもないらしく、私達は付き合うことになりました。私が憧れていた、大人の恋人という感じの女性なのです。

彼女の大人の恋人っぷりはというと、私の話すことを、しっかり目を見て聞いてくれたり、私が感情的になっても、彼女は冷静だったり、理論的だったり、その雰囲気だったりと、様々でした。しかし結局、数ヶ月で別れてしまいました。私が彼女の大人っぽさを、プレッシャーに感じてしまったのです。

しかしその後、彼女ほど大人の恋人という言葉が似合う女性は、現れませんでした。当時若かった自分をすこし悔やみました。

お持ち帰りされて気持ちH、だけど猫が見てるの

真理はその日一人の部屋に帰りたくなくて、SNSで知り合ったセフレにお持ち帰りされちゃった。今日二人は大人の恋人同士ね。セフレは今日会ったばかりだしやりまんと思われるの嫌だったけど、優しかったから付いてきちゃった。SNSで出会うってこういうことよね、ピンときたら素直にGO.
部屋はそんな広くなかったけどきれいに片付いていた。でも猫がいて少しびっくりした。真理は猫よくわからないけど、俗に云うペルシャ猫とに似て気品があった。猫は大人の恋人の邪魔しないかな?
セフレがご飯あげると気品も忘れてがつがつと食べる。
セフレはキスしてきたわ。優しい唇ね。少し感じちゃってとろんとして幸せのような良い気持ち。やはりSNSでも何でもチャンスに挑んで大人の恋人持たないと駄目だわ。恋がなきゃ詰まらない。
シャワーを浴びたら小さなバスタオルしかなくて、ちょっとしか裸が隠せない。セフレと猫の4つの目が見てる。セフレが電気を暗くしてくれる。
セフレはベッドの中でもやさしいわ、髪を撫でてキスをくれて今度はおっぱい?ああ、いい気持ち体が熱くなるわ。そうよセフレ、みんなあなたの物、好きにしていいの・・・
セフレは私のバギナに指を入れる、濡れてるでしょ?感じてるわ。指動かして、もっと濡らして。私の股間に顔をうずめてセフレが舌を使う。ああぁ、駄目、気持ちよすぎる、まだ、まだなの?セフレ、もう入れて欲しい。でもまだセフレは舌で責めるつもりみたい。セフレの舌、何これ、ペニスみたい、ペニスみたいに入ってくる。ああ、いい。
セフレが顔をあげたわ、くれるのねセフレ、早く頂戴、ああんセフレそんなに足開かないで、大股開きは恥ずかしいわ、ああ入ってくる、いいしゅんいいいわぁ。
セフレが激しいわ優しいだけじゃないのね、今度は後ろから、バックで責めるのね、ひぃぃ、いいぃ・・・ああん・・いい、いいけど・・・猫が見てるぅ。
女性 20代 会社員

田舎でも出会い系アプリを使ったら良い女性と出会いセフレになれました

会社から妻の待っている家に帰るのも面白くなく、かといって田舎なので歓楽街という物もないので、出会い系アプリを使って女性と会う事にしました。

田舎でも出会い系アプリの中は活況で、結構多くの女性が出会いを待っていました。

私はそんな出会い系アプリの中から、一人の女性と会う事にしたのです。

女性は落ち着いた感じの人で、ゆっくりとお話をするのにいいかなと思いました。

妻とは大人の会話が楽しめませんが、彼女とは大人の会話が楽しめました。

ですから私は、彼女との会話が楽しくなってしまい、度々会うようになったのです。

彼女の方からも度々会いたいと言ってくれるようになり、私たちはどんどん仲を深めて行ったのです。

そしてある時、私たちは体を重ね合う仲となりました。

小さなラブホテルに二人出入り、キスを交わしながら、服を脱ぎました。

裸になった彼女の体からは、甘い香りがムンムンと漂って来て、私のアソコは直ぐに棒立ちとなったのです。

釣鐘上のおっぱいを揉みまわし、割れ目を指で広げ、中を舌で舐め回しました。

その間彼女はアンアンと喘ぎ声を挙げ、体を悶えさせて喜んでくれました。

私の息子はそんな彼女の姿と声に促され、はちきれんばかりに大きくなったのです。

彼女の割れ目からは蜜が溢れ出て来て、挿入準備OK状態となったので、私は息子をジュブジュブッと入れたのです。

そして欲望の赴くままに、腰を振り続け、彼女と共にイキ果てました。

こうして私と彼女は、セフレ関係となったのです。

セフレを手に入れた私は、会社帰りの愉しみが出来たので、仕事に精を出す様になりました。

今の私にとってセフレが働く活力であり、もう彼女と別れる事など考えられません。
「30代:男性:会社員」