大人の出会い系アプリを使ったセフレを作る方法

これは気をつけてください。
エロいメッセージをいきなり送ってくる女性
誰でもいいのかよ(笑)
そもそも「近場」で探していてそんなオープンな女性はいません。
メッセージのやりとりは5回前後まで。
サイト内のメッセージを5回以上してきて、直メを教えないのは、気がないのか、キャッシュバッカーの可能性アリ。
フィーリングが大切です。
写真が美人すぎたり画質が異常に良い
基本的にそんな人は、普段何もしなくても男性は近づいてきます。

実際にセフレと言っても、どんなセフレ?やるだけ?
もちろんフィーリング大切ですが、やるだけでも趣味や趣向が人それぞれあります。
エッチだけをする仲になるわけですから、責められたいのか攻めたいのか、もっと違う趣向があるのか、変わったセックスに興味があるのかなど、人それぞれです。

じゃあどうやって好みのセフレを作るか。まずは上記の趣味趣向を求めないでセフレにつなげる方法は、出会い系サイトに登録した後に、プロフの設定を細かく。目的は何なのか、そんな人を探しているのかは書いておく。

日記も書く。普段どんなことをしているのか、どんな人間なのか、ちょっとエロい要素も入れておくのもいい。日記を見た人がイメージを作りやすい様にしておくのがベスト。

エロばかりじゃない掲示板の書き込みもする。

掲示板への書き込みや日記の更新、他にも見てくれそうなものがあればどんどん活かしていこう。

1~2週間くらいしてきたら、自分のプロフや日記を見ている女性が絞られてきます。

そのユーザーがポイント!そこで初めてメッセージを送信。

プロフや日記もチェックしておいて、紳士にメッセージを。

相手がセフレや大人の関係を希望していたらベスト。
ですが、メッセージはあくまでも紳士に。

エロいことを考えている女性は、表向きは真面目を装っていることが多いのです。

直メに切り替わっても、紳士さは保ちながら冗談っぽいくエロいことをふってみたり。

実際に会うことになっても紳士さは忘れてはいけない。

会話の中でエロいことも織り交ぜながら少しずつ相手のエロさを出しやすいように持っていく。

乗ってきたらIN!

こうしたじっくり攻めるやり方は「長く付き合えるセフレ」になれる可能性が高い。

一度試してください。

大人の出会い系アプリを使ってどうすればデートの約束までいけるのか?

女性は子供の頃からシンデレラストーリーに憧れ、お姫様として扱われる事を思い描いています。どれだけツンデレな女性でもあまえべたで自立心の強い女性でも、ふたを開けてみるとほとんどの女性が守ってもらいたい願望、エスコートしてもらいたい願望があるのです。

アダルト出会い系アプリで仲良くなった女性と、どうすればデートの約束までいけるのか・・・ですが、これはデートよりも先に不信感を取り除いてあげる事です。出会い系の唯一ともいえるデメリットは、不信感がぬぐえないというところだと思います。

不信感を拭うためには、デートまでのやり取りで、誠意をもって接する事でしょうね。シャイな事を劣等感に感じている人がいるようですが、それは誠実さをアピールするための武器であり、女性からするとかわいいと思ってくれる人は多いです。

わたしもシャイなのですごく得をする事が多いですね(笑)デートしたいかどうかは、女性が合図をくれますので、それまでは楽しく会話したり、自分の事を少しずつ話していったり、女性が心を開くまでゆったりと構えておけば良いと思います。

脈がない女性の場合は、縁がなかったとあきらめましょう。何がいけなかったんだろうなどと思うとどんどん消極的になってしまうので、どんどん進みましょう。経験を積めば自然に自分の問題は見えてきますから。

アダルト出会い系アプリ攻略 ~プロフィール写真で好印象を与える~

出会い系アプリは、機能を持った出会い系サイトです。SNS的な気さくな絡みもあれば、悪質な出会い系サイトに誘導して、お金をだまし取ろうなんてSNSもあるようです。このような被害が増えているので、大手の一般的なSNSは、出会い系の臭いがする会員には削除要請やID取り消しなどの対処をおこなっているようです。

出会い系SNSは参加しやすく、出会い系サイトとしても使えるという事で、若い人たちが多数参加しているわけです。中には悪いおとなもいるので、被害にあわないよう気を付けなければいけません。

通常のルールをまもったアダルト出会い系SNSでの使用であれば何も問題はありません。結局は出会い系サイトも出会い系SNSも使い方次第なので、人の使い方によってよくも悪くもなります。これが出会い系が敬遠される理由なのです。

【相手の不信感を払拭してあげる】

写真というのは、アダルト出会い系SNSで唯一相手の事を判断できる視覚情報になります。なので、その点を逆手に利用すれば、安心感に換える事が出来るわけです。出会い系=怖い男の人たちが集まっている場所・・・というイメージを取り除くにはまず、プロフィール写真で爽やかな笑顔を見せる事です。

女性は屈託のない笑顔が好きで、特に大人の男性の場合は、笑顔に幼さがあると、そのギャップに魅かれるようです。作り笑いでも良いので、口角を上げて、にこっと写真を撮るようにして、優しい雰囲気が伝わるようにアピールしましょう。

アダルト出会い系アプリで美人なお姉さんが恋人に

私が当時運営していたアプリがあります。内容としては、自分が好きな漫画やゲームなどを紹介したり、それ関連のコーナーを設けたりしている、大したことないアプリだったのですが、私がチャットに常駐していた甲斐があって、チャットだけはかなり繁盛していました。

何度もオフをしましたが、なぜか女性が多かったのです。当時私は22歳でしたが、私より年上のお姉さまがたも、ちょくちょく遊びに来てくれていました。その中に、とても美人な人がいました。私より4歳くらい年上だったと思います。大人な女性という感じでしたが、私は美人は好きですが苦手です。どう話をしていいかわからないのと、自分など歯牙にもかけられないと思い込んでいたからです。

しかしその女性はとても気さくで、私にも笑顔で話しかけてくれたのです。私が心を奪われるのに、それほど時間はかかりませんでした。まさか後々恋人関係になるとは思ってもみませんでした。私の事をとても可愛がってくれていた彼女のほうから、私とつきあいたいと言ってきたのです。

こんな美人とつきあえるなんて思ってもみなかった私は、からかわれているのかと思いましたが、どうやらそうでもないらしく、私達は付き合うことになりました。私が憧れていた、大人の恋人という感じの女性なのです。

彼女の大人の恋人っぷりはというと、私の話すことを、しっかり目を見て聞いてくれたり、私が感情的になっても、彼女は冷静だったり、理論的だったり、その雰囲気だったりと、様々でした。しかし結局、数ヶ月で別れてしまいました。私が彼女の大人っぽさを、プレッシャーに感じてしまったのです。

しかしその後、彼女ほど大人の恋人という言葉が似合う女性は、現れませんでした。当時若かった自分をすこし悔やみました。

SNSでの大人の恋人作り

私は人人網という中国のSNSで過去に恋人を2人作り、1人は付き合って1年で日本に留学に来て、2年以上付き合いました。
こちらは京都、相手は東京という遠距離恋愛でしたが、電話でエッチな声を聴かせてとお願いしたり、お互いに大学にいながら携帯で会話してオナニーをしたりもしました。
このようなエッチなことも、近距離恋愛ではありえないサイトを通じた恋愛ならではのことだと思います。
実際にディズニーシーなどに行ってデートしたり、相手の家に行ってキス、愛撫、69などをしたりもしました。
巨乳だったので揉ませてもらうとすごく幸せでしたし、彼女は僕の指が大好きだと言っていて、指をあそこに入れると「頭が真っ白になった」と言って喜んでくれました。
このような体験から、SNSでの恋愛もそれほど危険なものではないのだということがわかり、今でもすてきな思い出がいくつも残っています。
現在は大学院にいるのですが、友達もfacebookで現在の彼氏に「付き合って」と送ったそうで、最近わりとメジャーになってきているのかなという気もします。
まだ、私のように海外のSNSを使った例は聞いたことがありませんが、それでも実際にHなことをしたりする仲になるので、ぜひ試してみて頂きたいと思います。
facebookではもうご存知かもしれませんが、ペアーズというサービスが人気で、最近ではアイルというサービスも見かけました。
他のサイトでは胸だけを写した写真を載せている人も見ました。

 

田舎でも出会い系アプリを使ったら良い女性と出会いセフレになれました

会社から妻の待っている家に帰るのも面白くなく、かといって田舎なので歓楽街という物もないので、出会い系アプリを使って女性と会う事にしました。

田舎でも出会い系アプリの中は活況で、結構多くの女性が出会いを待っていました。

私はそんな出会い系アプリの中から、一人の女性と会う事にしたのです。

女性は落ち着いた感じの人で、ゆっくりとお話をするのにいいかなと思いました。

妻とは大人の会話が楽しめませんが、彼女とは大人の会話が楽しめました。

ですから私は、彼女との会話が楽しくなってしまい、度々会うようになったのです。

彼女の方からも度々会いたいと言ってくれるようになり、私たちはどんどん仲を深めて行ったのです。

そしてある時、私たちは体を重ね合う仲となりました。

小さなラブホテルに二人出入り、キスを交わしながら、服を脱ぎました。

裸になった彼女の体からは、甘い香りがムンムンと漂って来て、私のアソコは直ぐに棒立ちとなったのです。

釣鐘上のおっぱいを揉みまわし、割れ目を指で広げ、中を舌で舐め回しました。

その間彼女はアンアンと喘ぎ声を挙げ、体を悶えさせて喜んでくれました。

私の息子はそんな彼女の姿と声に促され、はちきれんばかりに大きくなったのです。

彼女の割れ目からは蜜が溢れ出て来て、挿入準備OK状態となったので、私は息子をジュブジュブッと入れたのです。

そして欲望の赴くままに、腰を振り続け、彼女と共にイキ果てました。

こうして私と彼女は、セフレ関係となったのです。

セフレを手に入れた私は、会社帰りの愉しみが出来たので、仕事に精を出す様になりました。

今の私にとってセフレが働く活力であり、もう彼女と別れる事など考えられません。
「30代:男性:会社員」